アレグラは個人輸入がお得!市販薬と処方薬との違い

多くの人が服用しているアレグラですが、市販薬と処方薬と両方があります。
これらはどのような違いがあるのでしょう。
いつも医師から処方してもらっているけれど通販で購入してみたいと思っているなら市販薬と処方薬の違いを知った上で決断してください。

まずは、市販薬と処方薬の両方に抗ヒスタミン成分であるフェキソフェナジン塩酸塩を含有しているとします。
しかも、フェキソフェナジン塩酸塩の量はどちらも60mgで同じです。
他の成分に関しても同じことが言えますし、大きさや添加物なども変わりません。

市販薬であっても処方薬と成分が変わらないので、効果も同じです。
これまで花粉症などの治療でアレグラを服用していたのであれば、市販薬に切り替えることを考えてみませんか。
ドラッグストアなどでも手に入るようにはなりましたが、お得に手に入れるのならば個人輸入がお得です。

処方薬の場合は保険が適用されると1割や3割負担で済みます。
個人輸入の場合は海外でより安い価格で販売されているアレグラを購入できるのでもっと費用を抑えられます。
花粉症などで毎日服用し続けなくてはならない場合は薬代が高額になりかねません。

個人輸入できるサイトを利用すると通常の通販サイトと同じように購入できます。
まとめ買いをすれば割引されることが多いので、毎日服用している人はまとめ買いしませんか。
すべて日本語で表記されているので日本語しかわからない人も利用できます。

市販薬と処方薬の成分には違いがありませんので、安心して市販薬のアレグラに切り替えてみませんか。
つらいくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を緩和できることには変わりありません。
医師に処方してもらうと診察代も必要ですし、時間もかかります。
個人輸入を利用すれば通常の通販サイトよりは海外から取り寄せるために多少時間はかかりますが、安く手に入ります。
アレグラが自分には合っていることがわかっている人は個人輸入の利用も考えてみてください。

市販薬と処方薬の違いは?

アレグラには市販薬と処方薬がありますが、それぞれに違いがあるので利用するならその違いを事前に知っておくことは大切です。

アレグラの市販薬にも、病院で処方されるアレグラにもフェキソフェナジン塩酸塩を60mgが含まれおり、成分量以外にも錠剤の大きさや錠型、添加物も同じものが含有されています。
違う点は錠剤の外観で、処方薬とは区別するために刻印が異なっています。
処方薬のアレグラは水なしでも飲めるタイプやシロップタイプで子供でも服用しやすい薬の種類がありますが、市販薬は錠剤のみです。
処方薬はアレルギー性鼻炎だけではなく、蕁麻疹やアトピーの薬として使われています。
市販薬はアレルギー性鼻炎専用で、処方薬のような皮膚疾患への効果は期待できないため花粉症やハウスダストなどが原因のアレルギー性鼻炎専用の薬です。

服用できる年齢の範囲も処方薬と市販薬では異なります。
市販薬のアレグラは15歳未満の小児は服用できません。
特に小児の服用は慎重に考えることが必要なので病院を受診して適切な薬を処方してもらうようにします。
処方薬は15歳以上の成人の飲み方は1回1錠、1日2回朝夕に服用し、食前や食後に関係なく空腹時でも服用可能です。
処方薬の小児の服用方法は7歳以上12歳未満は1回30mg、1日2回の服用で、12歳以上の小児は1回60mgを1日2回服用します。

アレグラは抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい薬で、従来の抗ヒスタミン薬の副作用として眠気や口の渇きなどが改善された薬です。
個人輸入通販で安く手に入れることができるアレグラは市販薬です。
アレルギー性鼻炎の症状がある時に、病院に行く手間や処方箋を出してもらう時間などを省くことはできるので病院に行く時間がない場合には市販薬の選択もあります。
しかし蕁麻疹や皮膚疾患がある場合には市販薬は効果が期待できないため、それらの症状がある場合には必ず病院でアレグラを処方してもらいます。
また小児の服用も慎重になる必要があるので、小児の場合には病院を受診して処方してもらうことを検討することが良い選択です。